馬券に愛されて 競馬予想

回収率 2016年 132% 2017年 256%(帯馬券を、3度的中!) 2018年 171%にて継続中!! メルマガなどでその予想も公開しておりますが、その一部を配信して行きます!



天皇賞秋 有力馬コメント

天皇賞秋


4歳世代の各3冠レース覇者が出揃い、注目を浴びるが、このレースは5歳が大活躍。現在4連勝中ではあるが、今年は果たして?!


◆レイデオロ

この世代のダービー馬。

一週間前追い切りで脚元を取られ、途中で追い切りをやめてしまうアクシデントがあったが、その影響は全くなく、直前デモでは、しっかり先着。

東京での、成績は申し分なく、2000mも対応可能!

2400mを勝ち切るスタミナに、前走のような瞬発力もあり、間違いなく中心の存在にはなるであろう。



◆アルアイン

前走前哨戦、オールカマーでレイデオロに敗れはしたが、瞬発力で負けだだけで、しっかり力は示した。

元々、叩き良化型と思っているだけに、上積みは確実にある。

調教でも坂路で自己ベストの51秒8を出すなど、絶好調。スタートが上手く好位からの競馬も出来るだけに、上位争いは間違いないだろう。

前走から距離短縮も確実にプラスなだけに、期待していい場面かもしれない。

またジョッキーが少し劣るかと思ったが、北村騎手が先週絶好調だっただけに、勢いに乗っている。


◆キセキ

夏でリフレッシュ、ここまで調教でたっぷりいじめられており、ここに向けてしっかりトレーニングされている。

菊花賞を勝ったことから長距離イメージがついているが、瞬発力も兼ね備えているタイプなだけに、一発あってもおかしくない。

直前の追い切りもCWコースで11秒6と終いを伸ばす形で先着しており、体勢は整ったと言えるだろう。

3冠を譲り合った中では一枚評価は下がるが、軽視は禁物。



◆スワーヴリチャード

安田記念から約半年ぶりのレースになるが、久々は苦にしないだけに、間隔は問題ない。

調教でも流石の動きを見せている。

前走の1600mを走っている分、折り合いがポイントになるが、先週の追い切りで見せた行きたがる部分は、今週は改善されていた。

左回りで馬券内率100%と、確実に走っているし、ポテンシャルは最上位と言ってもおかしくない。キレキレの脚を使うというよりは、そこそこの上がりで力勝負になるほうが強いタイプなだけに、早めに先頭押し切りが1番イメージできる。

デムーロがどこのポジションでレースをするかが重要だろう。


◆マカヒキ

5歳世代のダービー馬。

復活をかけるこの馬が徐々に本調子になりつつある。

前走も完璧とまでは言わないがダービーを勝った時にかなり近づいているなと感じていたが、一週間前追い切りでも、終いを11秒5とキレる脚を見せており、ここにきて大仕事の予感がしてきた。

G1で人気薄を連続3着に持ってきている名手武豊を背に、ここで大復活なるか?!


◆サングレーザー

4歳世代のクラシックを賑わせた馬とは別に、マイル路線で確実に力を発揮していたのがこの馬。

前走、2000mもこなし、ここに挑んでくる。

終いの脚のキレ味は、言うまでもなく一級品。

前走のように馬の後ろで我慢させれば、最後スパッとキレる脚で追い込んでくる。

厩舎サイドも今年一番の出来を口にしているし、

馬の気持ちをコントロールするのが、抜群にうまいモレイラが乗るとなれば、余計に怖い。



あまり手を広げたくないが、ダンビュライトは東京実績が疑問。

ミッキーロケットは過程が順調じゃないので割引。ディアドラは回避。


馬券も、ピックアップした6頭くらいまでで、後はあまり大きくプラス材料はない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。