馬券に愛されて 競馬予想

回収率 2016年 132% 2017年 256%(帯馬券を、3度的中!) 2018年 171%にて継続中!! メルマガなどでその予想も公開しておりますが、その一部を配信して行きます!



菊花賞 有力馬情報

ブラストワンピース

6ハロン81秒1で併走馬を1秒突き放す追い切りから、調子はまったく問題ないであろう。

前哨戦組が結果を残すこの舞台で、新潟記念から直行という新しいローテーションは新たな選択肢を生み出すか?!

父はハービンジャーでスタミナに問題はないが、母のツルマルワンピースの、勝ち星は全て1400mが不安点。

世代上位の実力は間違いないだけに、ダービーの雪辱を期待したい。



エタリオウ

まだまだ粗削りな馬だが、そんな中でダービーや、神戸新聞杯でも差のない競馬をしているのは、能力の証!

父ステイゴールド産駒が長距離適性があるのは、大きなプラス材料。

1勝馬で菊花賞を、勝ったのはデータで見当たらないが、覆せるか?!

その能力は十分に兼ね備えている。



エポカドーロ

元々ダービーでも距離不安が囁かれていたが、今の所、距離がもたないという印象は受けていない。

父オルフェーヴルの血が良い方に出ている。

今回は前走のように出遅れなければ前まで競馬をするだろう。

叩き良化タイプと思っていただけに、前走の内容はともかく、ここは一段状態を上げてくると見て間違いない。

実績は最上位で、菊花賞は、皐月賞の好走馬がよく絡む。

となると、実績一番手はこの馬としては、格好はつけてくるだろう。


ジェネラーレウーノ

前走セントライト記念を制覇し、ここも一発狙える馬。

何と言っても皐月賞でみせた、無心臓な体力。

近年の菊花賞は、早い上がりも必要とされているが、この馬が逃げを打てば、そこそこのペースでは流れるだけに、相当しぶといこの馬を軽視していると、粘りこみもあるだろう。

元々スクリーンヒーロー産駒の大物誕生!と言われたほど。

体はデビュー当時から物凄い迫力だった。

中間も順調で、逃げ宣言もあっただけに、レースの展開を握る馬になるであろう。


メイショウテッコン

これも前で競馬ができる馬。

松山騎手でノーマーク。。。気づいたら残して馬券内。

前で競馬できる以上、存分にありえる。

気難しい面を見せる時があるので、パドックの気配を重視したい。

穴をあける候補の一頭。


フィエールマン

ルメール騎手を、確保して挑むことになるが、この馬には未知の可能性を感じている。

前走も、福島ではありえない位置から、一頭別次元の脚でゴールに向かってきた。

捉えきれなかったものの、ポテンシャルは間違いなく一級品。

距離の経験がないだけに、不安はあるが、京都の良馬場でしっかり折り合いをつけられるジョッキーとのコンビとなれば、波乱の演出者となりえる。



前走はまったく良くない状態に見えた中、セントライト記念3着のグレイルは上積み十分。

モレイラが乗れるグオンディオーズは素質馬で、切れる脚があるだけに未知の力がある。

ダービー3着のコズミックフォースも侮れない。


牝馬とは違い、圧倒的存在がいないだけに、良く考えて本命を選択したい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。